Home » 塾の選び方 »

通塾させる際の考え

通塾させてから

塾に通わせたからと言って、勉強は塾に任せっぱなしにすればいいものではありません。
それに、塾に通わせたからもう安心と言うわけでもありません。
その辺ももう一度一緒に考えて見ましょう。

きちんと子供を見ているのか?

塾に通わせると言っても色々あると思います。
長期休暇の間だけの短期講習、先を見据えての進学塾、特に考えずに有名どころの塾へ等々。
様々なところで言われているかもしれませんが、通わせるのでしたら子供にあった塾に行かせると言うことを頭に置いておくと良いかもしれません。

今の学力では難しいので中学3年間ずっと、塾に通わせます。そして見事、難しいと言われていた高校に入学できることが決定しました。
おめでとうございます、素直に喜び、嬉しさで一杯でしょう。じゃあその後は?卒業までの期間楽しく過ごせるのでしょうか?

正直厳しいかもしれません、だって3年間ずっと勉強してやっと入れた学校です。
また卒業までずっと学校のほかに勉強しないと、他の子についていけないと言う可能性があります。
なのでまた授業についていけないので塾に通わせて、と大学へ進学するか就職するまでループに陥りますね。

子供に無理をさせながら進学塾へ入れると言った事はやめましょう。

睡眠時間は大丈夫?

お子様の睡眠時間はどのくらいでしょうか?

よく言われるのが、睡眠時間は6時間半〜7時間の睡眠を取るとよいと言う説でしょう。
大学受験等でよく今日も勉強徹夜して〜、と言っている子もいましたが正直感覚が理解できませんでした。
一見時間を多く使っているので他の人より有利なのかもしれません。
人間の集中して取り組める時間はある程度決まっています。ある程度と言ったのは、その対象に興味を持っているかどうか・関心を持っているかどうかで変化するからです。
好きな長編小説や、巻数の多い漫画、ゲーム等、好きな作業や運動でもかまいません。
そういった事柄は1時間、2時間、3時間・・・と何時間でも没頭できるはずです。
ただし、続けられるだけであって疲れないわけではありませんので、そこを勘違いしてはいけません。

徹夜で勉強する努力はいいのですが、その時間全部集中できる人間がいたら、その人は尊敬に値するでしょう。
ですが実際には多くの人が途中で瞼が重くなったり、欠伸を頻繁にしたり、集中力が続くことは無いと思います。
眠くなったら無理をせず寝るようにしましょう。
集中力が切れた状態で勉強をしても、やったことはあまり記憶されていません
やはり無理はすればするほど、効率は落ちてしまうわけです。
苦手や嫌いな教科に入ると更に効率は落ちて、翌日疲れだけが残ってしまうと言う状態になりかねません。
眠いときは素直に眠るのが、勉強する上では正しい選択かと思います。



概要|塾の選び方|通わせるとは|通塾理由|通塾の考え|通塾効果|教材学習|教材学習2|相互の考え|ブログ|リンク

Copyright © 2011 - 2019 bridge.oov.jp